脱出ゲームタイピングパズル・ミニゲームWebツールダウンロード実験ブログサイトについてご連絡先
NeutralβTools > 画像作成
icon ミニドット絵メーカー Ver2.2
縦横2〜50ピクセルのドット絵を作成し、GIF画像として保存できるツールです。既存のGIFやJPG画像を読み込んで加工することもできます。
※保存、読み込みができないときはブラウザのポップアップブロックを解除してください。
【関連ツール】
★JPEG画像のサイズ変更には「画像サイズ変更ツール」がおすすめです。
★作成した画像をマイデザインに入力するときは「パレット読み上げちゃん」がおすすめです。
基本操作
最初に画像のサイズを決めます。16×16、24×24、32×32、48×48のボタンから選択するか、好きなサイズに設定して「作成」ボタンをクリックしてください。
サイズを決定するとドット絵作成画面になります。中央の大きなエリアが作業領域、左上のグレーの角丸の中の小さい四角が実際のドット絵のサイズになります。(丸いボタンで周囲の色が変えられます)
右側のパレットをクリックするとペンの色(選択色)が変わります。
ツール説明 キーボードショートカット
ペン:クリックすると選択色でドットを描きます
バケツ:クリックしたドットと隣り合う同じ色のピクセルを選択色で塗りつぶします
スポイト:クリックしたドットの色を選択色に設定します

undoボタン:1つ前の作業に戻ります

グリッドON/OFFボタン:グリッド(マス目)の表示を切り替えます

移動ボタン:画像全体を移動します

左右反転、上下反転ボタン:画像を反転します

Shift+クリック :バケツ
Ctrl+クリック :スポイト
zキー :undo
←↑↓→キー:画像全体を移動します
描いた絵をGIF形式で保存する
「画像を保存」ボタンを押すと「画像ファイルの準備ができました〜」というウィンドウが出ます。
「保存する」を押すと保存用のダイアログが開きますのでダウンロード先を指定して保存してください。
透過GIFを作る(一部のドットを透明にする)
パレットから透明にしたい色を選択し、右下の「選択色を透明に設定」ボタンをクリックします。
選択した色が透明色として設定されます。
※作業領域の表示はそのままですが、左上の実サイズの画像に透過部分が反映されます。
「透明を削除」ボタンを押すと透明色の設定は解除され、透過しなくなります。
画像を読み込んで加工する
「画像読み込み」ボタンをクリックすると、ファイルを選択するダイアログが出ます。読み込みたいファイルを選択して「送信」ボタンを押してください。
※読み込めるファイルはjpgかgif形式のみとなります。また、アニメーションgifの加工はできません。
(!)大きい画像は画面内に入るように縮小されます。
読み込む画像の縦横比と近くなるように画像のサイズを設定するときれいに縮小されます。
縦横比を変えずに縮小したい時は、「縦横比を変えずに送信」をチェックしてから「送信」してください。(読み込み先と読み込まれる画像の縦横比が違う場合は周囲に空白ができます)
(!)透過gifを読み込んだときは、透明色を指定する必要があります。
透明色と同じ色のドットは全て透過されますので、画像内で使われていない色を選んでください。

(!)使える色は最大256色です。
写真など256色以上ある画像は256色に減色されます。 256色ぎりぎり使用しているドット絵にパレットの色を使うと、256色を超えてしまい出力結果がおかしくなることがあります。 そのようなときはパレットの色を使わず画像からスポイト(Ctrl+クリック)で色を取って使用してみてください。
ドットのサイズを変更して保存する
「画像を保存」ボタンの右の「保存時のドットのサイズ」の数値を変更することで、ドット(打った点)一個あたりの大きさを設定することができます。(デフォルトは1=等倍です)
【例】 ドットを1ピクセル(等倍)で保存→   ドットを3ピクセルで保存→
(!)ご注意
ドットサイズの変更により50×50ピクセルよりも大きいサイズで保存された画像を「画像読み込み」で再度読み込むと、画像縮小時の処理により輪郭がぼやけてしまいます。
作成した画像を後で再度加工したい場合は、ドットのサイズを大きくしたものとは別に、等倍の画像も保存しておくことをおすすめします。
▲Topへ